読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✿私の記録~出産から育児や日常、旦那の事✿

いつ何が起こるか分からない世の中。 本音は言えないから日記で発散。 私の心の記録(初めの投稿は過去のノートのまとめ)

美甘麗茶を飲んでみた!

よくFacebookで〇日で〇kg痩せた!ってみるよね。

 

飲んだって痩せないのは十分わかっている。

十分わかっているけど手を出してみたくなっちゃう私の性格(;'∀')

 

口コミみても、痩せないって書いてあったし…でも、お肌の調子が良くなったとか便秘改善したとかも書いてある‼(便秘じゃないけど(笑))

 

 ↑このサイトは楽天から引っ張っているから5,980円×650円(送料)=6,458円

 

 初回は84%offの980円(税抜)。

でも注意したいのは、初回980円購入は定期購入の人だけ。

単品購入の場合は5,980円+送料

3個セット購入の場合は11,940円+送料(5,980円×3=17,940円 ▲6,000円)

初回だけ~なんて思って購入してまた届いちゃったって人がいたみたいだから注意が必要。

それにしても、カード引き落としにしたけど、ショッピング取引が海外でびっくりした。

 

で私は、定期購入にしたよ。

届いて早速飲んでみた。

本当に甘くておいしいお茶でした。

とりあえず、朝昼晩と食事と一緒に飲むのを一袋やってみました。

お茶がおいしくて、1回に1包で2回も飲んじゃった。2回目はかなり薄い(;'∀')

 

やっぱり飲むだけじゃ痩せないよね~。

うん、そんなコト買う前から知ってた。知ってたけど少し悲しい。

 

2袋目からは何故か飽きてきてしまい、味に飽きたのではなく食事のたびに用意するのが面倒に…(私の性格上の問題です)。

 

2袋目を飲んでいるときに次の便が到着‼

 

しつこいのは分かっているけど、痩せないのは本当に分かっているの、分かっているけど2袋目に入ってからさぼり気味の自分のせいなのでは?と少し思ってしまい。

また朝昼晩と頑張ることにしてみた。

でもでもやっぱり痩せないのよぉ~(;・∀・)

 

届いてしまった3袋目に手を付ける前に次の便をキャンセルしました。

 

意外にもすんなりキャンセルできて一安心。

 

ネットに書いてある口コミは当たっています。

 

本当に甘くておいしいお茶。ただそれだけです。

このお茶が5千円近くもしなければ飲み続けますが、お茶に毎月5千円も払えるほど稼いでいないので。

 

気になっていたのを試せたので何の後悔もありません。

 

心の声(でもでも少しは痩せてくれてもいいのになぁ~)

 

 

3歳児って面白い♪

0歳の頃は泣いたり笑ったりする事しか出来なくて、ママの腕がちぎれそうになるくらい抱っこしたり、永遠と歌を歌って鼻歌は童謡になってたり。ハイハイやタッチができるようになりいつも目が離せなかった。

 

1歳になると歩くのが上手になったけどまだまだあぶなかしくて、そのくせジャンプが上手。ママの言葉が分かるようになりママはメロメロ。

 

2歳になると、お話もお歌も上手になりビックリ‼

50音も覚えたし、数字もわかるし、ABCも言えるようになった。

今教えれば何でも覚えてしまいそうなくらいの記憶力、凄い( *´艸`)

 

そして3歳になり、一気に赤ちゃんから子供に変身した。

3歳になってまだ3か月なのにこんなにも変わるんだね。

自分で考えて行動できる年になってきた。ママから離れてお友達と遊んだり、時にはママの間違えを正してくれる。

 

今が一番かわいい時期だよね~って毎年言ってるけど、3歳児もやっぱり可愛い時期だわ♡

りーなとのいろんなエピソード、今までにもいっぱいいーっぱいあったけど、日常的過ぎて書きとめておかないと忘れてしまう(;'∀')若干記憶力の弱いママ。

 

まずは昨日の出来事。

 

ママ『ご飯早く食べてー』

りーな『ご飯?コレ(白米)でいいの?』

ママ『お野菜もお味噌汁も全部だよ‼』

若干バカにされた気がしたので大人げなく切れ気味。

りーな『あッそうかそうか、……今日ね〇〇くんがね……』

ママ『いいから口を動かさないで早く食べなさい!』

りーな『ママ~のど乾いた~』

ママ『味噌汁飲みなさい』

りーな『りーなね、今日ね、…。』

ママ『しゃべってないで早く食え‼』

りーな『えッ?食え?食えって言った?』

ママ『いいから食べてください』

ママ『もうご馳走様なら食べなくていいです!』

りーな『たべる~』

とまただらだらしゃべったり走り回ったりと御飯に集中してくれない。

ママ『ママはもうしりません、さっさと食べちゃってください』

と席を外し、別のことをやっていると少ししてりーながやってきた。

ママ『さっさとお風呂にはいりなさい‼』

りーな『(ニヤニヤ)ママ、ご飯を食べなさいでしょ‼今お風呂って言った』

とちょーうけてる。

ママ『分かってるならさっさと食え‼』

 

りーな『マ~マ!りーなねぴっかんしたんだよ』と得意げに味噌汁の皿を持ってきた。

ようやく完食してくれたかと思い、ギューって抱きしめて褒めちぎる。

すると、

りーな『じゃぁ次はサラダね!』

って、騙された(;'∀')

りーな『サラダぴっかんしたら次はお魚で…。あッでもりーなもうお腹いっぱいなんだよなぁ~、ママ~お風呂入ったら二人で半分こしてアイス食べよ~ね♡』

 

平日は食事の時間に1時間も割いている時間はないのにほぼ毎日格闘。

私、もて遊ばれているわ( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

大雨&冠水で恐怖を感じた4時間

22日(月)は関東を台風が直撃しているのにも関わらず仕事。

テレビでは外出は控えてくださいと忠告しているのにも関わらず、仕事が休みになるわけがない。

運よく保育園へ送っていったときはまだ小雨だった。

会社に着くと土砂降り。

千葉からどんどん北上してきて、帰る頃には宇都宮を直撃していた。

また運よく会社を出るころは小雨ですんだがしかし、保育園に着いた時には土砂降りの強風で飛ばされそうになった。

 

それでも冠水は免れて、無事に娘を迎えに行くことが出来た。

 

23日(火)はテレビでは台風は過ぎたが大雨に注意と言っていた。

でも雲はあるけど空は青いしカッパも持たずに出勤。

みるみるうちに会社の上の空は真っ暗になり雨が降ってきた。

雨もゲリラ雷雨の様だった。

 

でも今まで冠水して帰れなかったことはないので気にせず定時まで仕事。

 

17:30に会社を出ていつも通りの道を通るとすぐに渋滞が始まった。

雷で一瞬信号が消えた。

全然進まず、何度も何度も同じ信号機で青信号を迎えた。

その間もゲリラ雷雨のように恐怖を感じる雨と風だった。

 

会社を出て約1時間。

まだ会社から2kmしか進んでいない。

18:30迎え予定なので保育園へ連絡し、19時頃になると連絡。

まだまだ私は事の重大さに気づいていない。

 

そこから1時間でも3.2kmしか進んでいない。

家までまだ半分も進んでいない。

保育園から状況確認の連絡が入った。

保育園でもまだお迎えに来れない子供が数名いるらしい。

 

そしてまた1時間後の20:30で2.8km。

保育園から状況確認の連絡が入った。

もうりーなが最後の一人らしい。

泣いていないって先生言ってるけどきっとすごく不安になっているだろう。

 

頭の中で義母にお迎えを頼もうと思ったけど、こんな雷雨の中お願いするのも悪いし、義母の家からも渋滞で遅くなるかもしれないからお願い出来ない。

でも私よりは早くいけるかな?

いやこの天気で年配者に頼むのは良くない!

何時になろうが先生には悪いが私が迎えに行くのが一番と言い聞かせ。

何もできない自分にいら立ちが芽生えた。

これから先も災害になって道路が遮断なんてなったらりーなを迎えに行くのが困難になる。

なんとか対策を考えなければいけない。

 

気持ちがソワソワしていながらも車はちょびちょびしか進まない。

 

そんな時、旦那から電話が入った。

旦那『今、家に着いたけど帰ってないの?』

きっとこのままでは保育園に着くのは10時を過ぎるだろう。

先生にも悪いし、それよりなにより りーなが心配。

屈辱的にもりーなのお迎えを旦那に託した。

 

20:50無事にりーなのお迎えに行ってもらえた。

 

そして旦那からlineで

『迎えいったよ。帰ってくる道は冠水で一車線規制されてるから脇道に逃げた方がいいよ』

 

こんなに大嫌いな旦那。

優しくされても許せない旦那。

でも、助かった(:_;)

 

脇道にそれて走っていくとどんどんスムーズに進めた。

 

しかし、対向車線からくる車が冠水している道路を走ってきた。

少し前の車も通ってるし、きっと大丈夫と思いながら冠水している道路を走った。

もう泣きそう。

怖い。

無事に通りまたどんどん進んでいくが、たまに冠水している。

ところどころ消防車が停まっていてピカピカライトが光っている。

 

コンビニでも立ち寄って休憩して気持ちを落ち着けたいが、りーなが心配。

早く帰らなければの一心で進んだ。

 

脇道にそれたおかげで冠水しているところを通らなければいけないがすいすい進んだ。

まだ車が通れるくらいの冠水で感謝。

 

家に着いたのは21:30だった。

会社を出てから4時間が経過していた。

 

脇道にそれなければもっと遅かっただろう。

 

りーなは私を見て安心したのかギャーギャー泣いていた。

旦那のお迎えでもママがいいと泣いたらしい。

 

たくさん不安な思いをさせてしまった。

 

りーなが生まれる前だったけど、独身の頃に東日本大震災にあったときも住んでた場所は違うけど、家に着くまでに4時間かかった。

 

会社を辞めて保育園の近くに転職するわけにもいかないし、保育園を会社の近くにするのも家から遠くて不便だし、大好きなお友達をお別れもかわいそう。

今後の対策を考えたらそんなこと言ってられないのかなぁ~。

 

 

≪旦那の観察⑦~自分勝手なおせっかい~≫

以前も書いたがテレビ依存症の旦那。

 

最近はいろいろとあり、今週の土日は家で片づけをしたりして過ごすことにした。

 

ちょっと休憩と椅子に座り携帯をいじっていると、私が後でゆっくりと見ようと録画していたドラマが始まった。

 

つけたのは旦那です。

 

早く録画したものを見て削除してほしいんです。

 

なので強制的に流し始めます。

 

以前は、流れていても後でゆっくりみるからと見ないでいたら消されていました。

 

なので、席を外しました。

 

すると、ドラマを流したままシャワーを浴びに行ってしまいました。

 

結局、自分が録画したものを見たいだけ見て自分はシャワーを浴びに行くからいない時間で見てくれと言っているようでした。

 

本当に自分勝手な奴。

 

録画容量がないくらい何年も前の見たやつを残している自分のものを消せばいいのに何故か唯一ワンシーズン一つに絞って録画している私のを消そうとするのか?根性が悪すぎます。

 

 

 

 

天から地に落ちた誕生日…。

8/2私の誕生日でした。

 

記念日は大切にしてきたけど、子供を産んだ事によって誕生日がとても大切な日だと実感するようになった。

 

日付が変わる前に母から『明日誕生日だね、何かほしいもの考えておいてね』とラインが来た。

母とはお互いの誕生日にほしいものを送りあっている。

 

そして、日付が変わると友人たちからもFacebookやlineにメッセージが届いた。

 

いくつになっても嬉しいものでした。

 

仕事が終わり、車を走らせているとふっと去年やおととしの誕生日を思い出した。

 

旦那とは不仲な関係ではあったけど、こういう大切な日はちゃんとしなければと誕生日にはケーキを買っていた。

なので、きっと旦那も今日ケーキを買ってきているかもしれない。

いや、2年3年前は誕生日すら覚えていなかったから買ってきていないかも…。

でも、娘が最近よく8月はママの誕生日って言ってるから思い出して買ってきてる?

なんて頭の中がグルグルしていた。

 

不仲なんだからどうでもいいだろう?って思うが、

 

実はこの数日で近況の変化がありました。

1.仕事の売り上げが伸びてきて前より凄く忙しくなりました。

2.義母がりーなのお迎えに行くことが大変になり、週3~4は私がお迎えに行くことになりました。

3.約10年前に叔父が離婚し、それが転機となったのか車を何回も買い替えるほど裕福だったのに今では差し押さえ手前まで来ている生活をしている。

4.久しぶりに3人で食卓を囲んだ時のりーなの嬉しそうな顔。

 『パパとママとみんなで乾杯しよう(満面の笑み)』

5.3人で近所の花火に行くことになり、やっぱりりーなが嬉しそう。

 

忙しさと、りーなの嬉しそうな顔を見ていたら闘争心が下がっていった。

 

そんなこんなで、私が旦那の前で笑顔になることは絶対にないが、りーなの為にも離婚は避けなければいけないのかもしれない。って心境が揺るぎ始めていた。

もしかしたら、数年後にはりーなをお姉ちゃんにしてあげられるかもしれない。なんて少し夢も見ていた。

 

家に着くと、旦那からメモが残されていた。

メモ『誕生日おめでとう。ケーキを冷蔵庫に入れてあるので食べてください。部屋が暑かったので(エアコン)タイマーにしておきました』

 

ちょっと嬉しかったけど、あとでお礼を言うのに声をかけなきゃいけないのかと思うと嫌だった。

 

りーなにバースデイソングを歌ってもらい。

二人でケーキを食べた♪

 

翌日。

 

テーブルに紙袋が置いてあった。

包みが入っているのできっとプレゼントだろう。

プレゼントまでくれるんだ!でも、いつも変なものばかりだから期待しないでおこう。

と思いながらもプレゼントはプレゼントでうれしいですね。

 

旦那が起きると、

旦那『それ、プレゼント、あと台所に花あるから…』

 

台所を見ると大きな花束(約2、3千円くらい)が置いてあった。

 

これもまた微妙で、花をもらうことは嬉しいし、花は好きだけど、今まで記念日に花束をプレゼントされて、毎日毎日水の交換はしてるのか?こんなにすぐ花は枯れないだろう?長持ちする薬を買わなきゃダメだな。と口うるさく言われていたのでうれしい半分面倒だった。

 

でもね、やっぱり何もないよりはやっぱ嬉しいかな。

 

そして、プレゼントの中身を見て愕然とした。

 

『部屋は自分の心を映す鏡でした』

 

部屋は自分の心を映す鏡でした。

部屋は自分の心を映す鏡でした。

 

 

旦那が私に伝えたい言葉そのものなんだと思います。

きれい好きの旦那。

以前の喧嘩でも好きなことには夢中になるくせに片づけしないよね。やろうとしないよね?!と言われていたから。

 

確かに、私とりーなの周りだけ物が溢れかえっています。

私も何とかしなければとは思っていましたが時間が作れずにいました。

 

これは私の心が汚いといいたいのか?

↓説明より

「自分の心の悩みを片づけなくては、部屋は一生片づかない!」空間心理カウンセラーとして6000人以上の部屋の悩みを聞き、その部屋に映し出された心の問題の解決をサポートしてきた著者が贈る、新しい片づけ本です。

「なぜ物を捨てられないのか? なぜいつまでたっても部屋を片づけられないのか? なぜリバウンドしてしまうのか?」もしかしたらその理由は、あなたの心のクセにあるかもしれません。

本書は、片づけられない理由(心のクセ)を解き明かし、それに合わせた片づけの方法をレクチャーする1冊です。

 

これは私に対する当てつけとしか思えませんでした。

この一瞬で、心境の変化もまたまた変化しましたよ。

コロコロ変わる私の心。疲れるわ。

 

 旦那はきっと、好意で贈ってくれたんだと思います。

好意でなければ本当に嫌な奴ですが。

しかし、私には当てつけ(嫌味)としかとらえられません。

本のタイトルが図星だからです。

 

やろうやろうって思っても、片付け始めればりーなが足に絡みつき。お腹すいたって言ったり、トイレって言ったり何も進みません。

一区画片付けてまた数日後一区画なんてやっていてもまた汚れていくの繰り返し。

りーなを言い訳に全部きれいにできていないのが事実。

じゃぁあなた(旦那)が休みの日にでもりーなと遊んでくれればいいのに‼なんて事も言えず。

 

でも、誕生日プレゼントにこの本ってどう思います?

私が旦那に片付けられなくて困っている。とか相談していたのであればわかりますが、この状況でこの本。

本が悪いと言っているわけではありません。

気になるので読んでみるつもりです。

しかし、プレゼントって相手が何を送ったら喜ぶかな?って考えて贈るものではありませんか?

この本を贈ることによって私が喜ぶと思ったのか?

この本を読んで家がきれいになれば私の気持ちも変わると思ったのか?

 

悩みに悩みましたが、言わなきゃ相手に伝わらないし、このまま私の心に留めておいてはまたのちのち沸々とイラだちがくるのでlineを送りました。

 

『プレゼントありがとうございました。

これは嫌味と捉えていいのでしょうか?

あなたの気持ちが良く分かりました。よく悩んで買っていただいたのであれば、根本的な考え方が違うんですね。

本当に片付けられなく汚い家にしていて申し訳ありません。

私の心が汚いんですね。

私自身もよく分かっています。図星だからイラッとするんです。

言い訳と捉えてもらって構いませんが、かまってちゃんの子供を見ながらの片づけがどれだけ大変か分かりますか?

足に絡みついてきたり、ねぇ聞いて、ねぇ見てのおしゃべり攻撃。

仕事でかまってあげられない分、家のことより りーなを優先にしたい気持ちわかりますか?

だからと言って掃除を全くしていないわけではありません。そう思われているようですが…

仕事に育児に家事にとすべて完璧になんて私の手には負えません。

子供がいると突発的なことが多くて、自分の思うように時間を使えないことなんてあなたにはわからないでしょうね。

それがどれだけストレスか。

こんな形で指摘されると思っていませんでした。

こんな年でもお祝いされるのって嬉しいもので、友達からの誕生日メッセージをもらい嬉しい気持ちに浸っている状況でのコレ…

指摘されてありがたいと思います。これで本当にあなたとは長くやっていけないと悟ることが出来ました。

この数日はりーなの為にもあなたとうまくやっていかなければと少し考えていたのですが、やはり難しいです。

プレゼントって押しつけではなく相手が喜ぶものって考えて贈りませんか?

私が喜ぶと思いました?

前から言わずに我慢していましたが、相手の気持ちを一気に下げる嫌味の天才ですね。

頂いた本はちゃんと読ませてもらい、できるだけ頑張るつもりです!

それと普通なら花は嬉しいですが、水を替えてないだのすぐ枯れただの言われるのでプレッシャーでしかありません。

 

不仲の中でプレゼントを用意してもらった事は本当にありがたく嬉しかったのですが、気分は悪いです。

 

申し訳ないのですが、今後は用意していただかなくていいです。

 

ありがとうございました。』

 

今まで、相手を傷つけるから言ってはいけないと思っていたことだけど、言わなきゃ伝わらないし、溜まる一方だとよく言われてきたので吐き出しました。

口ではうまく整理して言えないのでlineにしてみました。

 

既読になりましたが、なんの返事もなく、いつもと変わらぬ朝を迎えました。

 

はぁ~何か言えよ‼

 

 

 

トイトレ ~最終段階にきたか?~

もうずっと昼間パンツで過ごしていて、お漏らしすることはない。

 

ただ夜だけはオムツで過ごしていた。

 

お風呂から出てオムツに履き替えると安心してウンチをするという流れだ。

 

しかし、最近オムツは赤ちゃんのだからと夜もパンツを穿くといい始めた。

 

ちょうど土曜日だったので、子供から言い出したことだしチャレンジさせてみようと思った。

 

ママ『パンツ穿いたら寝る前にトイレだよ!分かった?』

りーな『うん(目がキラキラ)』

ママ『ウンチしたくなったらどうするの?』

りーな『トイレでする』

ママ『寝てるときにおしっこしたくなったらどうするの?』

りーな『ママ起きて、おしっこって言うの』

ママ『おもらししたらパンツちゃん泣いちゃうからね』

りーな『うん、トイレ行くから大丈夫』

 

と目をキラキラさせながらパンツを穿いていました。

 

そして、初日ママは気が気でなく夜中に目が覚めた。

お尻を触るとすでに遅し( ;∀;)

初日はお漏らしをしてしまいました。

 

ここで怒るわけにもいかず、なんて声をかけたらいいんだろう?

 

翌朝、寝ている間に着替えをしていたので

りーな『ママ!オムツ?お着換えしたの?』と起きてきた。

ママ『りーなおもらししちゃったんだよ!』

りーな『へぇ~そうなんだ』

ママ『パンツちゃんもマイメロの布団カバーも濡れちゃったよ』

りーな『じゃぁお洗濯だね!』

 

こんな対応でいいのかしら(・・?

 

そしてその日の夜もまたパンツを言い始めた。

明日仕事だしお漏らしされたら大変なので、いまだオムツでしかウンチができないのを理由にオムツでウンチしたらパンツにしようね~と話をそらした。

 

そして数日は、

りーな『オムツでウンチしたらパンツだよね~♪』と目がキラキラしている。

 

しかし、ウンチは出ない。

なんとか平日は乗り切れるかな?と思ったらオムツは赤ちゃんとだから嫌だと泣き出すようになり、これも試練だと思いパンツをはかせた。

 

案の定、翌日も翌日もおもらし。

 

昨日なんて、気になってしまい、22時に寝て、夜中の12時頃にお尻を確認するとおもらししてなくて、2時に確認してもまだ出てなくて、4時に確認した時にはもう出てた!!

昼間のお昼寝の3~4時間くらいは我慢できるけど、夜の長い時間はやっぱりまだ難しいよね。

 

でも自分からやるって言いだしたことだし、オムツを卒業するためにはママも試練と思い協力しなければ(´・ω・`)

もっと周りのこと考えてよ!なんて言えない弱い義姉。

先日弟夫婦に市民プールに連れて行ってもらいました。

太ってしまったので水着を避けていて、プールなんて何年ぶりだろう?

うきうき♪

 

駐車場に着いて準備をしていると、甥っ子が水着の状態でおしっこを漏らした…。

義妹は『ふざけんなよ』って怒ってた。

プール用のパンツはかせるの忘れたのかなぁ~?

余計な事聞くと、気分を損ねても面倒なので気にせず入場。

 

娘も大はしゃぎ♪

 

市民プールなのに、ウォータースライダーや流れるプールもあってビックリ‼

 

娘の胸あたりまでくるプールに入り、初めての浮き輪に大興奮。

 

ウォータースライダーにも挑戦すると、楽しかったようで何度も何度も一緒に滑りました。

 

次は家族みんなで流れるプールへ。

 

まぁまぁ大きくて、飽きずにぐるぐる♪

やっぱり夏はプールだよね~

 

お昼寝の時間も過ぎてるし、唇が少し紫がかっているのに楽しさが増して元気いっぱいのりーな。

可愛い(#^.^#)

 

次に移動しようとプールからあがって話していると甥っ子がまたおもらし…。

 

えッ…さっきおもらししたよね?プール入る前にオムツはかせなかったの(・・?なぜ?

 

義妹は『なんでこんなとこでするんだよ!おしっこしたいならちゃんと言えよ』と怒っている。

 

実母と私は焦ってプールの水をすくい、植え込みの方へおしっこを流した。

 

そのすぐ隣で座っているおばちゃんは気づいていないのか、気づかないふりをしてくれているのか申し訳ない。

 

つーかオムツが取れていない子はプール用のオムツをはくのは常識ではないのか?

 

ありえないだろッ!

 

でもそんなこと言ったら義妹の復讐が怖いので何も言えず…。

 

でもちょー迷惑。

こんなに身近に非常識なことをする人がいて、しかもプールの中でおしっこをしていたのかもしれないと思うとギョッとする。

 

きっとそんなこと気にしてたらプールなんて行けないのかもしれないけど、こんなに身近にいたらもっといるよね?

 

これが実の妹なら言えるけど、義妹だしちょー怖いから言えない。