✿私の記録~出産から育児や日常、旦那の事✿

いつ何が起こるか分からない世の中。 本音は言えないから日記で発散。 私の心の記録(初めの投稿は過去のノートのまとめ)

自分の沸点に気づきました!

なんとか夫婦?家族らしい生活が続いています。

でも、でもちょーうざい。

愚痴が溜まりすぎてます!!

吐き出させてください!!

 

*くだらない出来事ですが、かみ合わない夫婦。

旦那が有休で仕事を休み、法事へ参加し率先して娘のお迎えに行ってくれた。

そして『今日は生姜焼きでいいかな?今買い物に来てるんだ』とLINEが来ていた。

料理は出来るけど、普段から作らない旦那です。でも、年に数回は作ってくれる日もあります。

今までの経験上、生姜焼きの材料を買ってきてるのならそれで私が作っても良いし、もしかしたら作ってくれるかもしれないしと言う気持ちで家に帰りました。

 

家に帰ると、キッチンで材料を切っている旦那。

おっこれは作ってくれるパターンだ!と喜んでいるのもつかの間。

旦那『スープ作るの分からないんだけど...作って』

とバトンタッチされた。

(えッ分からないってどういう事?

今までに味噌汁やらわかめスープやら野菜スープやら作ったことあるよね?

なんなら味付けに文句する日もあったよね?

分からないとか言ってる意味が分からない...。

まぁー生姜焼き作ってくれるならスープは作りますよ!)

 

キッチンに入ると、まな板に玉ねぎが切ってある状態。冷凍のしめじが出されていて、キャベツやダイコン、にんじんが出されていた。

別に生姜焼き作ってる途中で交代しなくても良いのでは?

またまた意味の分からない旦那。

とりあえず、もう19時も回っているし、もっと早く作っておけよと言いたいところだが、そこはグッと我慢して、娘もお腹を空かせているし、旦那の中途半端な作りかけがあるのでちゃっちゃと済ませる為にも、簡単にわかめと卵の中華スープを5分ほどで作りました。

私『スープ終わったよ』

旦那『えッもう終わったの?えッ野菜使わなかったんだ!』

私『???...どういう事?』

旦那『野菜傷んできてるし、野菜使って味噌汁作るのかと思って』

私『は?スープ分からないって言ったよね?...えッこの出しっぱなしの材料自分が使う予定で出したんじゃないの?』

旦那『えッ聞いてよ?』

私『聞いてよって何が?いや言えよ!スープが分からないんじゃ(なくて野菜だしたならこれ使って味噌汁作ってって言えばいいじゃん)』

って言ってる途中で

旦那『ストップ、ストップ。別に喧嘩したいわけじゃない。落ち着いて落ち着いて』

と最後まで言わせてくれない。

落ち着いてってそんな発狂してないし、最後まで言わせてくれりゃいいのに、腑に落ちない。

旦那が溜息付きながらブツブツと野菜使って作ってほしかったのに...って

聞けよ!の前に言えよ!じゃないか?

 

いやこっちだって喧嘩したい訳じゃないけどさ、なんか怒り出した私が悪いの?

優しさで材料を出してくれたのかもしれないよ。でも何も言わなきゃ分からないし、言わないくせして、聞けよ!ってどういう事?

理解できない。うざい。めんどくせー。

 

勝手に大きなお世話しておいて、思ったものが出来てないからって捨て台詞言われてイラっと来た私を何で怒るの?的な感じで止められて、まるで私が悪いみたいじゃん。

 

ん?悪いのか?この旦那といると自分が良く分からななくなる。

つーかわかめと卵の中華スープじゃダメなの?

 

あたしより長い時間仕事していて偉いのかもしれないけど、仕事して帰ってきたらあとは全部自分の時間のお前には何も分からないと思うけど、子供の迎えに行って7時に帰ってきて、ご飯を食べさせお風呂に入れて早くても10時には寝かせないとって逆算して動いてるんだよ!だらだらご飯作ってる暇なんてないんだよーと言いたかったけど、グッと堪えました。 

 

そういえば今までにもこんなことたくさんあったなぁ~

(余談です...)

特にイラっとしたのが、旦那の録画が溜まっている中でたった1つだけに絞ってドラマを録画して、見る暇ないから全話あとで見ようと撮りだめしていたドラマが急に消えた。

聞くと『DVDに焼いておいたよ(俺優しいでしょ!と言わんばかりの顔してる)』

やってやったんじゃなくて、自分が撮りたい番組が撮れる残量がないからって焼いたのバレバレなんですけど…。

私『言ってよ!消されたのかと思ったよ』

旦那『聞けよ!』

えッ?なぜ?聞けよってだから今聞いたじゃん。

 

めんどくせー。

あたしの沸点はここだな(-_-;)

 

聞けよと言われても、言われなきゃ分からないし、お前の意図をくみ取れるほど出来ちゃいないし、普通言われなきゃ気づかなくない?

あーうざい。

 

 

 

幼児の記憶あなどるなかれ!!

5歳になる娘です。

 

『きょねん、ママとパパはなんでケンカしてたの?』

昨日の夜、突然言われてビックリしました。

 

私『そうだっけ?今はケンカしてるかな?』

りーな『う~ん。してないかなぁ~。ケンカしてるときおばあさんに話しちゃったんだ!ウフフ』

 

そう、おばあさん(旦那の母)からりーなが心配してるって言われたことがあった。

 

私『ケンカしてるのと仲良くしてるのどっちがいい?』

りーな『なかよしがいい!』

 

りーなが物心がつく前から喧嘩していた私達。

別に怒鳴りあうわけでもなく、会話する事無く避ける暮らし。

りーなの前で泣きながら喧嘩したのは2回ほど。

その2回目の時におばあさんに言われてしまっていた。

 

子供は大人が思っている以上に大人だ。

私達夫婦の事をどう考えていたのだろう?

ピリピリする過程の中で育ち、不安でいっぱいだったことだろう。

 

一度もりーなを置いて家出した事ないし、ほとんど預ける事もしなかったけど、すごくすっごく寂しがり屋な子に育った。

もともとの性格もあるのかもしれないけど、小さなころの肌で感じた記憶は残り続けるのかもしれない。

 

どんな親だろうが、子供にとっては仲良しが一番なんだなって思い知った日でした。

 

遅く目覚めた父親心。

長い不仲からようやく家族になれた私達。

 

夫は娘にも興味が湧いてくるようになり、積極的に娘と接する時間が増えました。

 

G.Wを機に私も少しは子離れをしなければと思い、不安・寂しさを我慢し挑戦することにしました。

 

◇第一関門『パパと娘 一緒にお風呂に入る!』

案の定、即答で「ママと入る!」という娘。

 

私『ママ今日はお腹痛くてお風呂に入れないの!ここで横になってるからパパとお風呂に入ってきてくれる?出てくるときにママがバスタオル持ってお出迎えしてあげる!』

娘『ヤダ!絶対にヤダ!』

私『あッ、パパとお風呂に入れたらまた一つおねえちゃんになれるんじゃない?』

娘『あッそうか!いいよ』

とすんなり決定。

もうすぐ5歳の娘はおねえちゃんが魔法の言葉。

 

お風呂からは楽しそうな話し声が聞こえちょっと寂しかったなぁ~。

無事に第一関門突破したけど、それ以降一度も一緒に入ろうとしない娘。

娘『パパとのお風呂は楽しかったけど、もうママとがいい!1回入ったからもうおねえちゃんだよ』

と言われてしまう旦那でした。

 

◇第二関門『パパとお留守番からのお出かけ』

G.W最終日、私は午前中だけ仕事に行くことにしました。

午後からは駅でDWEのイベントがあるので、私は車で行き、旦那と娘は電車で駅に来てもらう事にしました。

第一声はやはりヤダ!でした。

翌朝娘が寝ている間に出るため、お手紙を書きました。

『おはよう。いっぱいねたかな?

じぶんでワンピースをきて、くつしたはいて、ジャンパーをきてね。

おでかけまえはトイレ!

ママはエキでまっているからね。

これでまたひとつおねえちゃんだね。ママより』

 

これを読めばきっと大丈夫なはず!

すると旦那が『何かりーなのバックないの?』と言ってきた。

何故か聞くと、バックを持たせてあげたいからと...。なんの拘り(^^;?

 

仕事中に旦那からLINEで写真が送られてきた。

そこに映っていたのは椅子で足を組んでウィンクしている娘の姿。

ポシェットに自分で選んだカチューシャ付けて、よそ行き用の顔。

私には見せない顔。

『おねえちゃんでしょ!頑張ってるよ』って今にも聞こえてきそうな顔。

 

娘が恋しくなり、速攻で仕事を片付け、駅に向かい改札で待った。

 

少し隠れて見ていると、私を探す姿。

見つけた時の不安そうな顔から満面の笑顔になる瞬間。

周りを気にせず、私に向かって走ってくる姿。

たまらないキュン死にしそうでした。

 

パパの言う事をよく聞いてお利口だったようです。

 

 

りーながママから離れてパパと行動するなんて、旦那がりーなに対して父親な行動するなんて、数か月前なら考えられなかった日々。

 

他所のちびちゃん達を見てニタニタする旦那。

こうも豹変するとビックリです。

 

 

 

 

 

 

そう簡単に人を信じちゃダメだよね。

私は人見知りで警戒心強いくせに、一度心を許してしまうとバリアが貼れなくなる。

 

何度騙され、嫌な思いをしても一度心を許してしまったからつい信用してしまう。

 

人間関係で一番怖いのは義家族。

 

【兄の嫁】

兄と結婚したのは小学生の時に仲が良かったお姉ちゃん。

兄の同級生。

遊んだこともあるお姉ちゃんだから嬉しかった。

お話が上手で、何でも引き出されちゃう。

正直、何でも知ってるから話が面白くて明け方まで話してしまう事も多々あった。

 

【弟の嫁】

見た目はとっても可愛くて世間体が良い子。

ドラマとかアニメに出てきそうなくらい、表の顔と裏の顔が真逆でついていけない。

見えないところで下々の者を踏み台にして良いとこどり。

その性格を自分で理解した上で、手の上で転がすタイプ。

兄の嫁と同じで心の内を引き出されちゃう。

 

どちらも頭の回転が速いのだろう。

馬鹿な私はダメだ。 

この二人に振り回されて何度も何度も嫌な思いをした私と母。

 

兄嫁『弟嫁がこんな事言ってたよ。あんな事言ってたよ』と告げ口。

弟嫁『兄嫁がこんな事言ってたよ。あんな事言ってたよ』と告げ口。

その内容はいつだって悪気がある内容でもないのに悪気がある内容に盛られて話される。

そんなことを聞いて傷つく母と私。

それでも楽しい時間は楽しいから心を許してしまう日々。

 

そんなこんなで家族になってもう10年以上が経過した。

 

悪い癖で、昔から知り合いで親通しも仲が良い兄嫁を信頼してしまう母と私。

いつもいつもうまい事、弟嫁の悪口を引き出され、自分も言いたい事言っているくせに弟嫁に告げ口している。

 

関わらないのが一番なんだけどさ、関わらなければいけない関係。

 

正直何度騙されたことか...。

 

男兄弟の真ん中に生まれて、義理でも姉と妹が出来て甥っ子姪っ子がたくさん出来て大家族になって凄く嬉しかったけど、所詮 他人は他人なんだね(;_;)

 

 弟嫁『兄嫁をどこまで信用してるの?』

 

この言葉に恐怖を覚えた日でした。

 

 

 

こんな日が来るとは(^^♪

夫婦の危機が過ぎてから約3ヶ月が経ちました。

 

あんなに毛嫌いして、旦那の入った風呂には入れないし同じ空気を吸うのも嫌だったのに少しずつ慣れてきました。

 

未だに狭いキッチンで後ろに立たれたり、一部屋に二人でいる状態には慣れませんが、娘がいると普通の家族になれています。

 

今思い返してみると、毎日毎日敵意をむき出しに生活していたので、肩の荷が下りたというか穏やかな日々が続いています。

 

こんな日が来るとは思ってもいませんでした。

離婚・離婚・離婚って思っていたけど、あの時、お互いに踏みとどまってよかったと思えるまでになりました。

 

なにより娘が凄く嬉しそう。

それが一番私も旦那も望んでいた事。

 

何でもかんでもママだったのが、ママがちょっと待ってねと言うとパパでもいいやってパパの所に行ったり、膝に座ったりするようになりました。

 

旦那は私の事を好きだと言ってくれた。

私は旦那に対しての好きという気持ちが戻るかは分からない。

だけど、今は凄く楽しい。

 

4年8か月の喧嘩?は長かったけど、全然ムダな時間じゃなくて、旦那に恐怖と孤独を味わせて家族と過ごす楽しさを植え付けられたし、俺が正しいって言う感じも出さなくなったし、ちょっと主導権が握れた気がする。

 

こんな日が来るとは本当に想像していなかったけど、こんな日が来たのは旦那の忍耐強さだと思う。ほんと良く頑張ったよ。

私から和解する気はなかったし、私が私の旦那だったらマジで耐えられないと思う。

そこは尊敬してあげる。

 

それにしてもうざいくらいに良く喋る喋るめんどくせー

会話のない生活に慣れていたから疲れるわ。

 

大吉のお陰?厄年が抜けたから?夫婦の危機は去りました。

結婚して6年2か月。

不仲になって4年8か月。

大嫌いな旦那。

それは今でも変わらないが、2018.1.14(日)夫婦の危機は去った。

 

一昨年(2016年9月)の秋 祖母と母と娘と出かけた浅草寺にておみくじを引くと”大吉”でした。

f:id:Daisy-blog:20180118131917j:plain f:id:Daisy-blog:20180118131932j:plain

願い事は『娘が幸せに暮らせますように』

 

そして2017年1月1日村松山にておみくじを引くと”大吉”でした。

f:id:Daisy-blog:20180118132343j:plain  f:id:Daisy-blog:20180118132358j:plain

運勢・・・思い通りになる運です。短気をいましめ、身をつつしみ、何事も静かに他人とよく相談してから事をおこなうこと。幸運です。

教え・・・自分に都合がよい時だけ感謝するのは、本当の感謝ではない。

天のみこえ・・・学びえて 道のはかせとなる人も をしへのおやの 恵わするな

この時の願い事も『娘が幸せに暮らせますように』

 

2018年1月1日大甕神社にておみくじを引くと”大吉”でした。

連続で大吉なんて生まれて初めてです。

 

f:id:Daisy-blog:20180118132422j:plain f:id:Daisy-blog:20180118133415j:plain

運勢・・・幸運の扉は今将に開かれようとしています。大上運です。

     誠実にして犠牲的な精神を持って尽力しましょう

     至誠の心こそ世の至福をもたらします

     真心をこめて神様に祈り倖せを受けましょう

神の教・・・神の心に叶って居るか、物も心もつかいよう

      授けられる其金、其身体、其心、決して無駄に使ってはならぬ。しかし

      一銭の金でも役立つ使い方はむずかしい。其手、其足、其言葉、世の為、

      人の為、役立つ様に使って居るか。神の御心に添い、清々しい日々が

      過ごせるように心がける事が大切である。

 今年の願いもただ一つ『娘が幸せに暮らせますように』

 

娘が4歳になった頃からだったか、ようやく旦那に懐くようになりました。

いつか離婚したいと思っていたので、懐かなくて良かったのですが、徐々に娘と父親の溝が縮められていきました。

 

娘は12月に入った頃からよく、『3人がいい』という言葉を使うようになりました。

 

一人っ子の娘は、兄弟がいる子の話になると『ママとりーなとパパ、3人がいればいいの!赤ちゃんいらない』と言います。

 

少し前まではパパなんていらないママだけいればいい!だったのがパパも入って3人がいいというようになりました。

 

今までずっと二人だったんです。

どんなに忙しくても家事に没頭する事無く、娘を優先にしてきました。

部屋に旦那がいたとしても、遊んでくれない旦那の所になんて娘は行きません。

遠くから『ママ~見て』と呼ばれれば家事を止めて娘の元へ行ったり、家事をしながらお話したりしてきました。

私が居間からいなくなれば、居間に旦那がいたとしても何かあれば私の所へ来た娘。

 

それが今では、私から離れるようになりました。

ドア越しに聞こえる娘と旦那の楽しそうな声。

凄く寂しくなりました。

それと同時に怒りさえ覚える事もありました。

途中から入ってきて私の娘を奪われる気がしました。

 

2人の子供だから奪われるという気持ちは可笑しい気がしますが、いつも私から離れず、何かあればママの所へ来ていた分の時間がすっぽり空いて寂しくなりました。

 

そして1/14(日)朝。

久しぶりに旦那が突っかかってきました。

私の態度に嫌気がさしたようです。

 

旦那『この生活(家庭内別居)はりーなにとって悪い影響だと思わない?いつまで意地はってんだよ。こっちは歩み寄ろうと話しかけてるのに続かねぇし、子供の為にも歩み寄ろうと思わねぇのかよ』

 

私『悪影響なのはわかってる。分かってるけど、嫌いな気持ちを誤魔化して仲良く話すことが良い影響だとは思わない。どっちも悪い影響だから私だってどうしていいか分からない。子供の為にもうまくやらなきゃいけないのも分かってるけど、嫌いなんだよ』

 

旦那『嫌いだからってこのままじゃいけないだろうよ。友達から二人目三人目の話がでたり、家を建てたって聞いたりして、俺は寂しいんだよ』

 

私『寂しい?仕事が忙しくて家族より趣味がいい。って言ったのは誰だよ!言われたほうの身になってみろよ。初めての出産・子育て、仕事との両立どれだけ心細くて大変だったと思ってるの。頼る気にもならないし、自分一人で何とかしなきゃって必死にやってきたんだよ。今更寂しいって何なんだよ』

 

旦那『こういう状況にしちゃった俺が悪いんだよな。ごめん。最近ようやくりーなが可愛いく思えてきてさ。』

 

ようやく、自分が悪いことを認めた。

今までごめんと言いながらも、自分を正当化して悪いの私って言ってたやつがようやく認めた。

外ではイクメン気どりをし、娘はこういうところがダメ、こういう性格だ!ってシッタカしてたやつが今まで家族と関わってこなかった事を認めた。

 

なんかちょっと力がフッと抜けた。

 

泣いている私の隣で娘は気を遣うようにタブレットのゲームをしている。

 

私が今まで願っていた娘が描く幸せは、3人でいる事。

 

嫌いな気持ちは消えないけど、自分の非を認めてちゃんと謝ってくれたし、許してやるかって思えた。

 

たまたまかもしれないけど、厄年ってスゲー

大吉ってスゲー

 

都合のいい時しか信じてないけど、神の教えを心にしまって、娘が幸せに暮らせる一番の道を選択して生活していこうと思いました。

 

 

ウォシュレットの悲劇

先日子供とウォーキングに行ったときの事です。

運動公園の室内に設置してあるトイレに行き、いつものように娘を座らせ用を済ませました。

すると娘が焦った顔でママ、ママと言うので便座から降ろした瞬間私の顔を目掛けてウォシュレットが飛んできました。

 

すぐに止めましたが、娘の服が少し濡れ、私の左髪が濡れ最悪。

娘は『お気に入りの服だったのに~』と連呼しながら号泣。

 

それにしてもウォシュレットってこんなに飛ぶのにびっくり。

止める前にとっさに避けたけど、壁にまで飛んでた(-_-;)

 

よくう〇こがついているのを見かけるので、ウォシュレットを生理的に受け受けない私にとって最悪の日でした。

でも、すごくキレイなトイレだったので不幸中の幸い。