読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✿私の記録~出産から育児や日常、旦那の事✿

いつ何が起こるか分からない世の中。 本音は言えないから日記で発散。 私の心の記録(初めの投稿は過去のノートのまとめ)

帝王切開

出産して数時間後、先生から普通分娩から帝王切開へ切り替わった説明をうけた。

 

(疲れている中での説明だったので若干捉え方が違うかもしれません)

異常①回旋異常

出産する際に胎児は4つの段階の回旋を経て下りてくるそうです。

うちの子の場合は赤ちゃんの向きが悪かったと言われました。

 

異常②へその緒が引っ掛かっていた

 

異常③子宮の形が悪くなった

①と②の状況で促進剤を使用し、赤ちゃんが下りてこようとしていたが、うまく産道に頭が入らず子宮の形が悪くなり続けていれば破裂していたかもしれない。

 

異常④心拍が2回下がった

破水後、うまく出産が進まず心拍が2回下がった為に急遽帝王切開へ切り替え

 

帝王切開の結果、母子共に健康ですみました。

そして、お腹を開いたおかげで子宮周りに子宮筋腫が見つかりました。

子宮の中ではなく周りに3つです。

子宮の中であれば、生理不順や不妊へつながり気づきやすいですが、子宮の外は自覚症状はまったくないそうです。

大きい物は5cmだとか…先生が写真を撮ってくれていましたが、血を見ただけで倒れる私がお腹の中の筋腫なんてみれるわけがありません。

 

産後いろいろ調べました。

回旋異常は防げたのかもしれません。

臨月になるまで仕事をしていて、トイレや立ったり座ったりするのに時間がかかり面倒で腹帯を巻いていませんでした。

もともと足を組む癖もあり、骨盤は多少ずれている事は知っていました。

骨盤がずれている事で出産にこんなに大きく影響するとは思っていませんでした。

それに、肥満もあると思います。

太っていると産道に肉が付き胎児が下りてこられないとか…

いろいろな理由がありますが、やはり私が実感しているのは骨盤のせいなのかなって思います。

あの時、めんどくさがらずにちゃんとつけていれば違かったのかな?と後悔するばかりです。